わかりやす〜い☆コード進行

コード進行を勉強すれば、CDコピーも楽に出来るようになります



HOME 基本編 中級編 リンク集



音楽を楽しむ

今は、携帯電話に音楽をダウンロードして聴く時代です
好きな曲をコピーして演奏したいですね




中級編に進みましょう!

・ブルース
   ブルースについては色々な意味合いがありますが、ここでは純粋にコード進行をみてみます
   ブルースは基本的には以下の12小節から成っています(キー:Cの場合)
      C | C | C | C |
      F | F | C | C |
     Dm7| G7| C | C |

   ブルースでは、ブルース特有のブルーノートが重要になります
   ブルーノートとは、3rd,5th,7th,の音を半音下げることです
   ただし、これはあくまで1つの音であって、コードはCm7とはならずにCj7です

   ブルースのコード進行では、上記の基本をベースに変化させて行く事になります
   特に重要なのは8小節目です
   次のDm7につなげるために、Em7/A7が良く使われます
   特にA7の構成音であるA#がスケールに無い音なので、うまく使うとブルースらしさを表現する事が出来ます
   アドリブでは8小節目をうまく表現するために他の11小節があるともいえます(大げさですが)
 





おすすめソフト!







HOME